MENU

学生が両親にバレずにキャッシングすることって可能ですか?

キャッシングは、社会人じゃないと利用できないんじゃないかと思っていませんか?キャッシングは、一定の収入があれば学生でも利用することができるんですよ。両親に迷惑をかけたくないと、学費や生活費をアルバイトで稼いでいる学生さんが、生活費が足りなくてバイト代が出るまでキャッシングしたいといった場合や、就活用のスーツや靴などの購入費用が足りないなど場合などに、利用するのも一つの方法です。

 

ですが、キャッシングを利用していることが、実家の両親にバレてしまったら困りますよね。独り暮らしであれば、バレにくいですが、実家に住んでいる学生さんは、キャッシングを利用していることがバレたら、大変なことになりそうです。かといって、独り暮らしをしていても、親が不意打ちで独り暮らしのアパートに来て、郵便物を勝手み見られてバレてしまうなどの危険もあります。両親にバレずにキャッシングを利用するには、幾つか気を付けておきたいポイントを押さえておけば大丈夫です。ポイントを覚えておけば、実家住みの学生さんでも大丈夫ですよ。但し、キャッシングは20歳以上でないと利用出来ません。

 

学生の場合は、最低でも半年から1年のアルバイト歴があった方が良いでしょう。アルバイトでいくら稼いでいるかよりも、何年働いているかの方をキャッシング会社は重視しています。プロミスなどの申し込みフォームをネットで確認すると、雇用形態の欄の中に学生(アルバイト・パート)が含まれています。それから、審査結果の連絡方法について、メールか携帯のどちらかを選択することができるようになっています。万が一、固定電話にかかってきても非通知でかけてきますし、キャッシング会社名ではなく担当者名を名乗ってくれるので、バレません。

 

ネットから申し込む場合

ネットから申し込む場合は、スマホから手続きした方が安全です。パソコンからだと、パソコンの履歴を消し忘れて、バレてしまう可能性があるからです。それから、利用明細については、WEB明細を設定して、郵送で送られてこないようにすることも可能なので、郵送物が届いてバレるという心配もありません。また、キャッシングカードの受け取りについても、自動契約機で受け取ることができますので、カードが郵送されてバレるという心配もありません。授業とアルバイトで忙しい学生さんは、ネットで申し込みをして、キャッシングカードは自動契約機で受け取るという方法にすると、手続き時間が短縮することができますし、キャッシングカードが郵送で送られてこないので、安心ですよ。

 

しかし、キャッシング申し込みが上手くいっても、後々バレる場合も少なからずあります。それは、返済をきちんとしていることで、キャッシング会社側が優良顧客として、限度額増額の勧誘の電話やDMです。電話は、携帯にかかってくるからバレにくいですが、電話の内容を聞かれて怪しまれてしまう可能性があります。また、郵送物は会社名が印字されていないだけに、逆に怪しいと思われてしまう場合もあります。

 

一番気を付けたいことは、やはり返済です。返済が遅れて、放置していると、固定電話に電話がかかってきて、バレてしまいます。担当者名でかかってくるとはいっても、話の内容で、友人ではないことがバレてしまいます。返済が遅れる場合は、事前に電話連絡をして、返済が遅れる旨を申告しましょう。キャッシング会社のスタッフは、街金の取り立て屋ではないので、返済方法について相談に乗ってくれますよ。