MENU

利用した痕跡を残さないのがコツ!

家族に内緒でキャッシングの申し込みや手続きをして、キャッシングすることは可能です。しかし、キャッシングを利用した痕跡が見える形で残っていれば、いずれは家族にばれることになります。家族にキャッシングがばれる三つの代表的なパターンをご紹介しましょう。これらの点に気を付ければ家族にばれる心配はありません。

 

まずは通帳を見られてばれるケース。家庭のお金を一括管理しているところは特に注意が必要です。キャシングの返済方法はいろいろありますが、インターネット返済、振込み、口座振替のいずれかの方法で返済すると、その記録が通帳に残ります。家族が通帳や利用明細を見ることのできる環境にあるなら、この三つの返済方法は止めたほうが無難です。ATMを使って現金で返せば通帳に記録が残りませんので、通帳からばれることはなくなります。

 

二つ目はローンカードを見られてばれる、というパターンです。油断していると起こりがちなミスです。利用明細など郵便物が自宅に届かないようにしていても、机の上に置きっぱなしにしているローンカードを見られてはすぐにばれてしまいます。あるいは、買い物しているときに支払いを頼もうとして財布を渡し、財布の中のローンカードを見られることもあります。ローンカードは常に財布に入れるようにして、その財布は家族であっても使わせないようにしましょう。どうしても支払いなどで必要に迫られたときは、銀行カードローンを使うという方法があります。銀行カードローンならキャッシュカードにローン機能を付けることのできるカードもありますので、キャッシングしていることがばれることもなくなります。

 

返済が遅れた場合

家族にばれる最後の理由は、返済が遅れた場合です。期日までに入金がなければキャッシング会社はあらゆる方法で連絡を取ろうとします。最初は携帯電話、もしくはメールで「入金が確認できない」という連絡が入ります。この時点でちゃんと返済できればそれ以上の連絡が来ることはありません。何度も携帯に電話しているのに連絡がつかないような場合は、自宅や勤務先に電話がかかってきます。しかし、この時点でもキャッシング会社は社名を名乗らず、個人名でかけてきます。また本人以外の家族や同僚に借金のことを話すこともありません。

 

それでも連絡が取れない、返済されないというような場合は、自宅に「督促状」「返済勧告状」などの郵便物が届くことになります(自宅・勤務先への電話と同時に行われる、あるいは督促状の方が電話よりも早く届くこともあるようですので注意が必要です)。このときも、郵便物は社名を変えて「○○センター」のような名前で送られてきます。このように、キャッシング会社の多くは周りに借金のことがばれないように配慮してくれます。しかし、同じところから何度も電話がかかってきたり郵便物が届いたりすると、家族でも不審に思うことになります。そのため、万が一返済に遅れてしまったら、こちらからキャッシング会社に連絡しましょう。また携帯に着信があったら、すぐにかけなおしましょう。

 

返済額を用意できないなどのときは、利息だけの支払いや、一部だけの支払いなどの解決策を提案されます。昔のサラ金にように自宅に取り立てに来るとか、恫喝・威嚇されることもなくなり、事務的な対応をする会社がほとんどのようです。自分から連絡を入れることで誠意を見せると、キャッシング会社の心証を良くすることにつながります。家族に内緒でキャッシングすることは可能ですし、痕跡に気を付ければばれる心配はなくなります。ただ、家族への内緒ごとはないほうがいいものです。何かあったときに家族に迷惑をかけないように、キャッシングしたら計画的にきちんと返済するようにしたいものです。