MENU

即日融資のタイムリミットはいつ?手続き前に確認しましょう。

24時間受付であっても審査後の融資は結局翌営業日になることも

即日融資に対応している金融機関でも申し込み時間によっては即日融資できないということもあります。融資を受けるために必要な審査は24時間対応というわけではないためインターネットでの申し込みを含め24時間受付を行っている金融機関でも時間帯や混雑状況によって審査が翌営業日に繰り越される場合があります。

 

早く申し込むほど即日融資の可能性は高くなります

 

即日融資を受けたい場合はできるだけ早い時間(なるべく午前中)遅くとも14時までに申し込むとよいでしょう。どんなに審査の早いキャッシング会社でも審査時間には30分以上かかります。銀行振込の受付時間が平日15時までであることを考慮すると14時くらいまでに申し込みを済ませておかなければ15時のタイムリミットに間に合わない可能性が高くなります。

 

自動契約機を活用して即日融資を!

もし審査の回答が15時を過ぎてしまい銀行振り込みに間に合わなくなった場合でも金融機関の本支店または自動契約機を利用してローンカードを発行してもらうことで本支店ATM・提携ATMからキャッシングを行うことが可能です。特に自動契約機は土日祝日や夜間も営業しているため非常に便利です。

 

自動契約機では専用の読み取り機器で身分証明書の書類提出(書類提示)を行うことが可能です。わからない場合には専用のオペレータに質問も出来るので難しく考える必要はありません。即日融資のためのスムーズな申し込み方法としては、インターネットで申し込みを行い審査の回答が14時までに完了すれば銀行振込みを。14時を過ぎた場合には店舗か自動契約機を利用してキャッシングを行うという方法があると思います。店舗や自動契約機の営業時間は様々ですので公式サイトなどで事前に確認しておきましょう。

 

銀行カードローンの振込キャッシングは同行間ならいつでもOK

銀行カードローンの場合、同行間の取引が15時以降でも即時反映されます。例えば三菱UFJ銀行の口座を持っていて三菱UFL銀行カードローンを利用する場合に15時までに審査に通っていれば、あとは土日祝日、夜間でも通帳へのキャッシング振り込みが行えます。

 

ネットバンキングの場合でも同様のしくみが利用出来るケースが多くなっています。銀行口座に入金さえされていれば銀行の営業時間外であってもコンビニのATM等からお金を下ろすことができます。細かいサービス内容については各社の公式サイトを確認しましょう。

 

消費者金融でも即日融資とはいかないケースも

なんらかの理由で審査を通過できなかったり審査に時間がかかってしまうケースもあります。銀行系のカードローンは審査に数日かかることがあります。即日融資を考えているなら大手消費者金融に申し込むことになります。不安な場合は複数の金融機関に申し込みをすることで審査に通る可能性を高めることになります。もちろん両方落ちることもありますので確実に審査を通過できそうな金融機関を含めておくと良いでしょう。